お宮参りの服装について

しゃらく

lv

お宮参りの服装について

コラム

2022/06/17 お宮参りの服装について

お宮参りで神社に参拝に行くときは、服装に注意する必要があります。
服装もマナーとして重要な部分なので、参拝についてよく知らない方は覚えておくと安心ですよ。
そこで今回は、お宮参りの服装についてご紹介させていただきます。

お宮参りの服装

お宮参りの服装には気を付けておきたいポイントがいくつかありますので、今回は3つご紹介します。

赤ちゃんの衣装に合わせる

参列者の服装は、赤ちゃんの衣装をベースに考えましょう。
赤ちゃんと「格を揃える」または赤ちゃんより「格下になる」ということ意識で選びます。
赤ちゃんを抱っこする際に、赤ちゃんが引き立つような格好が好ましいです。

露出を抑える

神聖な行事のため、両親ともに露出の少ない服装を着ましょう。
ミニスカート・ハーフパンツ・ノースリーブなどは適していません。
ズボンであれば丈の長いスラックス、スカートならひざ下でストッキングやタイツを履きましょう。

天候に合わせる

その日の天候に合わせ、脱ぎ着しやすい調整できる服装を、服装を心掛けましょう。
暑い時期は通気性を重視したり、肌寒い時期であればコートや羽織物を用意すると安心です。

まとめ

お宮参りの服装では「赤ちゃんの衣装に合わせる」「露出を抑える」「天候に合わせる」などのポイントがあります。
服装のマナーを押さえておくことで、主役の赤ちゃんを写真の撮影時も引き立ててあげられますよ。
弊社では、お宮参りの服装に関するご相談も受け付けています。
お宮参りの素敵な家族写真をお求めであれば、ぜひご依頼ください。

TOP